m.

朝が焼ける 











どうしょうもなく……









燃える空









trackback: -- | comment: -- | edit